授業内容はどうする?

塾講師のバイトの時、気になるのはやはり「授業の内容は自分で考えるのか」という点ではないでしょうか。

塾講師は一般的に、解説してから演習をするという形が良いとされています。生徒は解説だけでは理解するのが難しい場合がありますから、結局のところは生徒に対して理解を深めてもらうには、解説だけではなくて問題を実際に解いてもらうことが一番なのです。問題に関しては、生徒が理解する必要がありますが、理解してもらうには講師自身がその問題を理解しなければなりません。つまり、解説も塾講師自身が考えなければならないわけです。

どうしたら生徒が理解してくれるのかを考えるわけですが、自分が生徒の立場に立った場合を想定して考えてみると良いかと思われます。そうした上で、理解できていない部分を生徒たちに細かく指導するのが良いかと思われます。

生徒に問題を解いてもらうことで、実践的な指導が出来るようになります。静かな空間で生徒に集中してもらうことも必要になります。そのための授業内容の確認、演習問題を作るなどの仕事はもちろんあります。講師の仕事は授業を行うだけではなくて、そのための準備をしっかりと行わなければならないということなのです。