資料作成について

塾講師は資料も作成する必要があります。資料の内容は、学習している時期に合わせて授業内容に基づいた資料を作る必要があります。学校で勉強しているところに合わせて資料を作るという人もいますし、それよりも高度なことを教えるところも当然あります。

そうした資料に関しては、講師は自分で考えて作らなければなりません。学校の教科書の内容ももちろん把握しておかなければなりません。もしも内容が分からない場合には、当然自分で調べる、あるいは生徒に聞く必要もあるかもしれません。事前準備は講師が行うものですが、塾長が行っている場合もあります。

塾によっては内容を先取りする予習的な意味もありますから、とにかく分かりやすく解説できるように意識をしなければなりません。塾である程度の参考書や練習問題を用意はするのですが、自分で分かりやすく指導しやすいように資料作りをする人もいます。

参考書や問題集を参考にしつつ問題を作るのは手間も時間もかかります。ですが、それは避けて通ることが出来ないものでもあります。生徒にとって、該当部分を学ぶときに分かりやすいと思われるものを意識することもまた大切なことなのです。そうしなければ塾講師としての意味がなくなってしまいます。